【大雨】秋田県雄物川の状況やライブカメラまとめ

*当サイトでは、商品やサービスのご紹介時にアフィリエイトリンクを利用する場合があります。
秋田の話題

県外ではあまり報道されていない秋田の大雨ですが

秋田県内はマジでのんびりしていられない状況です。

 

 

とはいえ、県内の状況は気になるからずっと検索してしまう…

その時間を、避難準備とかにあててほしい…

 

というわけで、こちらに

Twitterの【雄物川】の状況をまとめてみました。

 

その他、秋田の防災情報や便利ツールなどについては

こちらの記事をブックマークしておくと便利かと。

スポンサーリンク

秋田県雄物川のツイートまとめ

https://twitter.com/zen_lanzen/status/1680368083473670144

 

雄物川のライブカメラ情報

雄物川が気になるからといって実際に見に行くのは絶対NG。

 

ものすごい台風や地震の時に

「なんも大丈夫だっ!!」って田んぼや海を見に行ってしまい

無くなってしまう方が必ずいますが、「自分は大丈夫」は危険。

 

気になるならネットでチェックできるから!!!

行かないで!!!!お願い!!!!!

 

雄物川のライブカメラは

川の防災情報(国土交通省のサイト)」でチェックできます。

見たい川のところにある「カメラのマーク」をクリックすると、

このツイートのように通常時と現在の写真を見ることができます。

避難に役立つ豆知識

「避難」ってなるとどうしても慌ててしまう。

なれていないので当たり前。でも、知っておくと役に立つ!

避難時の行動ポイント

国土交通省のサイトに、避難時の行動ポイントがありました。

引用:https://www.thr.mlit.go.jp/yamagata/river/disasterinfo/bousainotebook/index2.html

子連れの避難方法

子連れでの避難とかになると荷物が多くて大変だと思うので、

出来れば警報レベル2~3のうちに避難しておきたい。

 

…っていうのはそうなんだけど

避難所で気を遣うなーとか、オムツ替えるの気まずいなーとか

色々ありますよね…(><)

 

とりあえず、抱っこ紐は必須+もし歩ける年齢であれば

抱っこしてても靴は忘れずに持っていきましょ!!

 

秋田だから車で…ってなるのが普通なのですが

もし可能であれば、車は浸水の心配がないところに止めて

徒歩で行く方がいいです。

 

避難所でも水が上がってきていたり、

車を止めるところがなくて困ってしまったり…

ということもあります。

 

その他の荷物はこちらを参考に。

□母子手帳、お薬手帳
□抱っこ紐(子どもの靴も)

□スーパーのレジ袋・ビニール袋
簡易トイレ、お皿、古布と合わせてオムツの代わりなど、様々な応用ができます。
(参照:家族を守るために!【ポリ袋】で簡単にできる9つの防災ワザ
□タオル、バスタオル

□服や下着などの着替え
□オムツ・おしりふき

□授乳用ケープ
□粉ミルク、哺乳瓶、ミネラルウォーター
ストレスで母乳が出なくなる可能性もあります。
□レトルトの離乳食

□絵本やおもちゃ、子供のお菓子

引用:子連れの避難で絶対知っておきたい! 荷物チェックリスト&注意ポイント

冠水時の歩き方

プールや海の水と違って、冠水してる水は危険です。

色んなものが混じっていて、けがをしてしまうことも。

注意点はチェックしておきましょう。

  • 車は、約30cmの浸水で走行困難
  • 排気口がふさがる程度の浸水でも動かなくなる
  • 水圧でドアが開かなくなったりして大変危険
    (五城目町でなくなってしまった方がいます。。)
  • なるべく徒歩で非難する
  • 水路と道路の境、フタが開いているマンホールの穴などが見えない
  • 棒(雨傘・杖など)で足下を確認しながら進む
  • 途中で危険を感じたら、2階以上や近くのビルに退避

参考:https://uf-polywrap.link/articles/uOdja

こんな豆知識もありました。

https://twitter.com/GTT214/status/1680338356755111936

過去の雄物川氾濫情報

引用:雄物川の主な災害 – 国土交通省 過去の雄物川の氾濫の様子はこちら

 

ちなみに、私だと2017年のニュースを一番良く覚えています。(↓この動画)

今回はそれを上回る雨量だという話で……恐怖でしかない。

 

ちなみに、2017年時の雨量などはこんな感じでした。

→引用:2017年集中豪雨のレポート

これ、「史上1位」とか「7月1位」とかってなってるけど…

もしかしたら今回の大雨で、これから更新されるかも…。

 

ちなみに、24時間の降水量で見てみると

秋田市(仁別)・山本郡藤里町・山本郡八峰町ではすでに

観測史上1位の値を更新(7月16日10時20分)しています。

 

48時間の降水量で見ると…

角館や岩見三内、男鹿や秋田市(秋田)も観測史上1位の数値になっています。

→その他の細かい数値を観たい方はこちら

「今まで大丈夫だったから大丈夫」はやめよう

全国版のニュースでよく言われるのが

「秋田は大雨になれていない地域」

という言葉。

 

秋田県民なら、全国版のニュースで関東の方に

サラッとちょっとした雪が降った時の大騒ぎを見て

「あーこんなちょっとの雪で…備えがないから大変だ」

って思ったことはないですか?

 

今、多分その状態なのかな…と。

 

九州など、雨が多い地域に比べたら

そりゃなにも備えがないから、あたふたして当たり前。

でも、「当たり前」で命を落としたくはない…(><)

 

とりあえず、「やりすぎかな」と思っても

あとで笑い話にできるので、とりあえず命を守りましょ。

どうか、ご無事で。

コメント